2015年08月25日

同じ絵を3回描かねばならないマンガ制作作業


作品を完成させるには、ネームから仕上げ作業までの工程で同じような絵を3回描かねばならない。
面倒な作業ではあるのですが、案外それが楽しく感じられるのは何故なのか…考えてみました。

コマの中に描かれる「セリフと絵の連動」こそが、マンガを面白く見せる表現の特徴だと思っています。
「セリフと挿絵」の関係では、マンガとしての面白さは伝わりにくいものです。

プロットやシナリオは文字だけですが、ネームになるとコマ割りされて絵とセリフが入る事になります。
これが第1回目の絵入れ。
文字だけではなく「絵とセリフが連動したものになる」ので、シナリオより「マンガとして面白く」なっています。

下描きは2回目の絵入れ。
絵が詳細になるので、「絵とセリフの連動がより明確になる」ため、マンガとしてはネームの時よりより面白くなっているはずです。

3回目の絵入れは、ペン入れ・仕上げ作業。
仕上がった原稿は絵が更に詳細になり、加えてタッチまで伝えられるので、下描きより面白いマンガになるに決まっています。

こうして、描いている作品の「レベルアップ」が各作業毎に実感できるので、3回同じ絵を描くのが苦痛じゃないのだろう‥と私は思っています。

posted by かとう at 04:37| Comment(0) | マンガ専門学校の講師の仕事