2015年09月29日

マンガを描くための「はじめの一歩」


とりあえずいたずら描きでOK。
マイキャラで顔を描いて楽しもう。
斜め右向き、バストアップのキャラでいいです。

次に表情を描き分けてみましょう。
笑った顔、泣いた顔、怒った顔、驚いている顔などを描き分けてみるのです。
そこにフキダシを描いてセリフを書けば、キャラクラーに生命が吹き込まれます。
どんな表情とどんなセリフを組み合わせると、どんな状況のキャラクターになるのか?
たくさん描いて楽しんでみよう!

次の一歩は、キャラクターの全身を描く事。
様々な動作を描き分けてみましょう。
顔だけ描くのと違って、かなり難しくなります。
想像だけで身体の動きを描きわけるのは至難の技。
ポーズ集など本がたくさん出ているし、誰かにモデルになってもらって動きを観察して描いてみる…というのもありです。
最初は下手でも、描いているうちに描けるようになってきます。

ある程度身体の動きが描き分けられるようになったら、背景を描く練習をしてみましょう。
キャラクターと背景を組み合わせて描くと、そこに世界が生まれます。

背景をリアルに描くためには、遠近法などの知識が必要になりますし、キャラクターにリアリティーを持たせたいなら、デッサンやクロッキーのトレーニングも必要になって来るだろうと思います。

ここまでクリアできたら、マンガを描くためのステージに一歩踏み入れたことになります。
自分が作ったキャラクターを、自分の作った世界の中で、思う存分動かして楽しんでみましょう!



posted by かとう at 05:24| Comment(0) | マンガについて考える