2015年11月30日

独りよがりの「ストーリーマンガ」表現


自分の頭の中にあるモノが読者にも当然分かっている筈と思い込んで描かれている独りよがりの「ストーリーマンガ」の表現は 、分かりにくい展開になっている事が多いです。

マンガ家志望者の初心者は、一部の例外を除いてほとんどの作品がこの傾向の「ストーリーマンガ」になっているため、必死に理解しようと努めてコマを目で追って行くのですが、何度も後戻りします。
マンガを読むのがこんなに苦痛なものなのか・・・・と、ア然とする瞬間です。

こういう「ストーリーマンガ」を描かないようにするには、とりあえず「約束事としての基本的なマンガ表現」を忠実に守って描くしかないです。

ツイッターやブログを通じて何度も繰り返していて、「耳にタコ」かと思うのですが、大事な事なので繰り返します(;^_^A
守るべきは以下の4点。

★シーンの始まりには、背景とそこにいるキャラクターをしっかりロングショットで描き、舞台となる場所と人物の状況説明を読者に伝える。

★2人以上の登場人物が居る場合には、位置関係をしっかり描いて読者に伝える。

★基本的に人物とセリフは同一のコマ内に描き、誰のセリフなのかを読者にしっかり伝える。

★展開をセリフだけで伝えるのではなく、具体的に絵で描いて伝える。

少なくともこの4つがシッカリ守られていれば、そんなに分からない「ストーリーマンガ」表現にはならないはずです。

逆な言い方をすれば、これらを無視して描かれた「ストーリーマンガ」は、独りよがりの分かりづらい「ストーリーマンガ」表現ということになります。

posted by かとう at 06:36| Comment(0) | マンガ家を目指す皆さんへ