2016年01月25日

課題の意図を読み取らない(読み取れない?)人の話


多くの受講生や学生の提出課題を見てきました。
割合としてはごく少数ではあるのですが、添削困難な提出課題に直面する事があります。

例えば「大人と子供の描き分けをしてみよう」という課題があるとします。
大人と子供では、「体型の違い」や「顔のパーツのバランスの違い」があり、そのポイントを押さえて描けば、大人と子供の描き分けが出来るようになります。

課題の意図が分かっていれば、自分なりに「大人と子供」を描いて提出するのが普通です。
提出された課題に対し、適切に描かれている部分にはOKを出し、描き分けられていない点は「作例を描いてアドバイス」をする。

このやりとりがあって「課題提出・添削」が成り立ち、描き分けのポイントを身につけてもらう事ができます。

ところが、「読み取れないから」なのか「意図的に」なのか判断がつかないのですが、必ずと言っていいほど「意図から外れた」課題作品を提出する人がごく一定数存在します。

例えば、
「カエルとおたまじゃくし」を描いて提出する人。

確かに大人と子供には違いないし、ネタとしては笑えます。

お互い「マンガを描く人間」なので、「ユーモアで解釈するセンス」は評価してあげたいとは思います。
しかし、課題は「人のキャラクターの描き分け」という「お題」なのですから、「カエルとおたまじゃくし」を提出されても添削のしようが無いのです。

実に対応に困る瞬間なのです(⌒-⌒; )


posted by かとう at 05:04| Comment(5) | マンガ専門学校の講師の仕事