2016年05月31日

添削について


作品を拝見してアドバイスをしている時、「添削をしてもらった作品を、投稿や持ち込みしてもよいのですか?」と質問された事があります。
そんな事を聞かれたことがないので、一瞬戸惑いました。

もちろんOKですが、気になったので「ひょっとして、アドバイスを元に描いた作品は必ず賞に入ったり、採用されると思っていませんか?」と逆に質問したら、どうやら図星のようでした。

アドバイスを元に描きなおしたからといって、その作品が「賞に入ったり、採用されたりする」とは限りません。

いくら表現方法(マンガ表現やストーリー構成・演出)が適切だからといっても、元々のオリジナル作品自体の「テーマや発想あるいは絵柄」に優れた魅力がなければ、作品としての評価はされにくいのです。

極端な言い方をすると、「表現方法など適切に出来て当たり前」であり、作品としての採用の判断は「画力」であり「発想力」であったりするわけです。

アドバイスや添削ができる対象は、あくまで「表現方法」に限定されます。
「こういう事を伝えたい」なら「こういう描き方をすると適切に伝わる」というノウハウを講師は教えるのです。

「ストーリーマンガ」は、

「画力」
「マンガ表現力」
「ストーリー構成・演出力」
「アイデア、テーマの発想力」

の4つの要素で成立していると考えていますが、「マンガ表現力」「ストーリー構成・演出」は技術なので、アドバイスされた知識を身に付け、訓練することでレベルアップ出来ます。

「画力」に関しても、ある程度は技術なのでアドバイス・添削により、「上手い絵」を描けるようにはなります。
しかし、マンガ的な「魅力的な絵」を描けるようになる事とは別物です。

「魅力的な絵を描く力」と「オリジナリティのある発想力」は、持って生まれた才能や生活環境によるところが大きいです。
この2つに関しては、アドバイスや添削でどうにか出来るものではありません。

そこの所が理解出来ないと、
「添削してもらう」→「作品を描き直す」→「採用される」→「プロになれる」と短絡的に考えてしまう事になります。


posted by かとう at 05:43| Comment(0) | マンガの作り方