2016年06月27日

画力は最大の武器



お世話になっている専門学校で行われた、先日の体験入学の時の話。

参加者された高校3年生の少女マンガ家志望の女の子。
作品を持参されたので拝見しました。
出版社に投稿して、戻ってきた原稿だとのこと。
その作品は投稿作品14作目とか。

見てビックリしました。
画力はもうプロ並み。
聞くと、小学5年の頃から「投稿」を始めたとの事。
現在高校3年生ですから、約7年間に渡ってマンガを描き続け、投稿し続けてきたことになります。

小学校の頃に、いたずら描き程度の絵を描き始める人はたくさんいると思いますが、「投稿」まで出来る人は滅多にいません。

好き勝手に絵を描くのとはちがって、「コマの中に必要とされる絵」を否応なしに描き分けなくてはならないのですから、絵がレベルアップするのは当然といえば当然です。

ただし、ストーリーマンガとしては展開が分かりづらく、何を見せたいのか伝わりにくい構成になっていて読みにくかったのが実に惜しい。
いわゆる「マンガ表現」と「ストーリー構成・演出」ができていなのです。

KFSの私のマンガ講座に参加された「2人」を思い出しました。
共に画力はプロ並ですが、マンガとしての構成・表現が劣るため、ストーリーマンガとして成立していない作品を描いていたのです。

半年間の講座を通してプロット・ネーム制作を実践し、マンガ表現の約束事やストーリー構成のコツを身につけていただきました。
しばらくして、2人共デビューされました。

プロ並みの画力を持っているのに,デビューにこぎつけないのはもったいない話です。
体験入学に参加されたその子が入学してくれたら、在学デビューも可能かも…と思いました。

「画力が優れている」というのは、デビューする一歩手前に居る事と同じです。
何と言っても「画力は武器」なのだと思います。

posted by かとう at 06:52| Comment(0) | マンガ専門学校の講師の仕事