2016年11月23日

「なんとしてもマンガ家になりたい!」と思った記憶がない



子供の頃から、睡眠時間をタップリ取るタイプでした。
中学校時代まで毎日10時間は眠っていたし、高校に入っても毎日8時間の睡眠時間はキープしていました。
そんな生活を続けていたので、「短い睡眠時間」というのは生活していく上で耐えられない…という身体になっている自覚がありました。

なんでこんな話を始めたのかというと、ある事に思い当たったからです。
私は「なにがなんでもマンガ家になりたい!」と思ったことがないのですが、その理由がこれだったのではないのか…ということ。

私が本格的にマンガを描き始めたのは、高校生の頃です。
とにかく描くことが楽しい。
マンガを描く事ほど世の中に楽しい事はない!と思っていました。

本に載せてたくさんの人に見せたいという思いは、もちろんありました。
そういう意味では「マンガ家になりたい!」という思いはあったのです。

ところが、マンガ家という仕事は「締め切りに追われ徹夜の連続」という情報が私に刷り込まれていた為、「マンガ家の生活は自分には無理!」という確信がありました。

「マンガを描いて収入を得て生活出来る」のは夢のようだけれど、「睡眠時間が確保出来ないような仕事は耐えられない」だったわけです。

当時の「売れっ子(死語か?)」の先生方は、月産枚数と徹夜日数を自慢しているような時代でした。
「スゴイなぁ…」と驚嘆はするものの、「そんな地獄は見たくねぇ」という思いの方が強かったのだと思います。
私の中に「なんとしてでも」マンガ家になりたいという記憶がないのは、おそらくコレだと思います。

幸いな事に、コロコロコミックでマンガ家の先生の仲間入りする事が出来ましたが、仕事として成立したのは「売れっ子作家にならず(なれず)、ペースが月刊誌だったから」こそだと思います。

一度も徹夜した事がありません。
楽しくマンガを描いて、毎月収入を得られる。
まるで楽園のようです。

人は落ち着く所に落ち着くモノなのだ…と思った次第です。

ちなみに「チョコボのマンガ」が人気が出て、別冊掲載の依頼があった時、その月の月産ページ数倍になってしまう為、「ページ数を減らして欲しい」と編集部に懇願して、あきれられた事があります。
「ページ数を増やせと言う先生は多いけど、減らせというのは初めて」だったそうです。

体調が万全の状態でないとマンガは描けないタイプなので、私にはとっても重要な事だったのでした。


posted by かとう at 05:20| Comment(0) | myマンガ道

2016年11月16日

「スタートレック」が好き



先日「スタートレック/ビヨンド」を観に、久しぶりに映画館に足を運びました。

「スタートレック」は、TVドラマ「宇宙大作戦」以来のファンで、以降アニメ版も含めて、全てのシリーズ・映画を観てきました。

JJエイブラムスが新たに作り出した映画版は、オリジナルのメンバーの若い頃の冒険物語としての描かれていますが、すこぶる面白いです。

「宇宙大作戦」の頃には、表現したくても出来なかったビジュアルがCG技術の発達で可能になり、本来見せるべき映像が「遂に実現した!」という印象です。

オリジナルのカークやスポック、マッコイやウフーラ、Mr.カトー、チェコフと言ったキャラクターが新メンバーになるということで、不安はありましたがオリジナルよりオリジナルらしく感じられて、今では文句のつけようがありません。

今回の「スタートレック/ビヨンド」は、始まりから「クライマックス」展開。
目を離している隙がありませんでした。
グイグイ引っ張られ、気付くと真のクライマックスに引きづり込まれ、もう爽快感満載、ドキドキハラハラしっぱなし。

キャラクター同志の会話も「スタートレック」していて、笑える・泣けるの連続でした。
伏線の張り方が上手かったなぁ。

「スタートレック」を見続けている人にしか面白さは伝わらないかもという、さりげない内輪受けの会話も含めて、私にとっては最高のスタートレック映画でした。

今までズーッと「スタートレック」を見続けてきて確信していることがあります。
それは「最新作が最も面白い」ということ。

次回作がいつになるのか分かりませんが、次回作はもっと面白いのは間違いないです。


posted by かとう at 05:49| Comment(0) | 映画・TV

2016年11月10日

読み切りストーリーマンガの主人公の描き方



「誰が主人公なのか」「どんな主人公なのか」を、ちゃんと分かるように伝えるのは重要なポイントです。
主人公が分からないとストーリーの軸が見えにくくなり、何を見せたいのかが分かりにくい展開になってしまいます。

学生が描く読み切りストーリーマンガでありがちなのが、「魔物を退治するハンター」と「巻き込まれてしまう少女(または少年)の話。

巻き込まれてしまう少女(または少年)の視点でストーリーが展開し、「ハンターに助けてもらうまでの内容」になるパターンが多いのです。

少女(または少年)の視点で描かれている以上、主人公は少女(または少年)が主人公だと思って読者は読み進めます。
ところが、ハンターの活躍がメインになってしまう展開だと、「主人公の座」はハンターに移ってしまい、ストーリーの軸にねじれが生じて「どんな主人公が何をする話なのか」が分かりにくくなります。

少女(または少年)が主人公であるなら、ストーリーの軸は必ず少女(または少年)に置く事。

主人公は「してもらう」存在ではなく「してあげる」存在である事がポイント。

話を構成する上で、「誰が主人公なのか」をしっかり演出してストーリーの軸にねじれを生じさせない工夫が必要になります。



posted by かとう at 07:38| Comment(2) | マンガの作り方

2016年11月02日

アドバイスを無視する学生の話


ストーリーマンガを描く上で、基本的な約束事というのがあります。

例えば、プロ用のマンガ原稿用紙は1.2倍の大きさに拡大して描いているので、当然セリフの文字も大きめに描く必要があります。

「大きめに書かないと印刷時に支障が出るから」と、何度アドバイスしても直す事をしない学生がいたりします。

直そうとはしているけれど、他の修正箇所に夢中になって忘れてしまうのかもしれない。
あるいは「文字を大きく書くだけ」というのは、なんの苦労もなく 直せると思っているので(実は大変な修正を意味するのだが)、「修正行為」としての認識がないのかもしれない。

結局出来上がった原稿は、明らか文字が小さ過ぎる(フキダシが小さ過ぎる)原稿になっており、なんのためのアドバイスだったのか分からない事になります。

プロの目から見れば、「たかが文字の大きさ、されど文字の大きさ」なのです。

相手が編集者 だった場合、3度以上同じ事を繰り返すと呆れ返られ見放されるかもしれない…という覚悟は持っていた方が良いです。

これはマンガに限らず、どんな仕事においても共通すると思います。

「仏の顔も三度まで」というのは、まさにこれだと思うのです。


posted by かとう at 06:04| Comment(1) | マンガ専門学校の講師の仕事