2016年10月18日

ストーリーマンガを描く上で、最初に身に付けておきたいこと。



どんなに面白いアイデアでも、そのアイデアの面白さが伝わらないような、分かりにくい表現になっていては話にならない。

どんなに上手い絵でも、何を伝えたいのか分からない展開では読むのがつらい。

どんなに面白いストーリーを考えついても、そのストーリーの面白さが伝わらない構成・演出では意味がない。

自分が描きたいと思っている事を、読み手にちゃんと伝わるように描く。
そのためにはどういう表現・構成・演出をすれば良いのか?
コマ構成・コマ展開を考える上で、とても大切なポイント。

絵は下手でも、とりあえずOK。
よくあるストーリー内容でも、とりあえずOK。

何を伝えたいのか、読み手の負担にならずストレートに理解出来るマンガ表現を身につける事が大事。

当たり前の事ではあるけれど、ストーリーマンガを描く上での基本。


【マンガ家を目指す皆さんへの最新記事】
posted by かとう at 04:49| Comment(0) | マンガ家を目指す皆さんへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: