2017年01月31日

プロにしてもらえる?



私は専門学校でマンガの描き方を教える立場なので、気になるのが「〇〇してもらえる」という考え方。

もちろん専門学校ですから、「マンガの描き方」は当然のことながら「教えて」もらえます。
授業ではマンガを描きために必要な知識や技術(の情報)が提供され、実習する時間が確保されます。

モンダイなのは次の点。
「マンガをうまく描けるようにしてもらえる」とか、「マンガ家にしてもらえる」と考えている人がいるみたいだという事。

専門学校は、教えられた知識や技術の情報を元に、「自分で実践して身につけていく」事が前提です。
個人の能力差はありますが、身につく速度や能力レベルは「学校サイドがしてあげる」ものではなく、「本人が努力する」事なのです。

専門学校に行かなくても、マンガ家になれる人はいます。
でも、なれない人だってたくさんいます。
同様に、専門学校に行ってもマンガ家になれない人は多いですが、なれる人だってもちろんいます。
要は、「なれる人はなれる」「なれない人はなれない」という当たり前の事実があるだけです。

それじゃ、専門学校などいらないのでは?と思う人がいるかもしれません。
では、何のために専門学校があるのか?
ポイントになるのは「独学では知り得ないプロのマンガ家の生きた専門知識・技術情報」が手っ取り早く得られるという事、マンツーマンでの作品製作過程でのチェック&アドバイスで「作品制作のノウハウ」を効率的に体得できる事、そしてマンガを描く時間がタップリ確保出来るという事実です。

簡単に言うと、「なれる人」にとっては「独りよがりの試行錯誤」で無駄な時間を浪費せず、「短時間で目標に到達できる」という事です。

本来なら「なれる人」が、独学ゆえに「なかなかなれない」あるいは「結果としてなれない」という人だって出てくるのです。

こう考えると、専門学校がどういう所なのかご理解いただけるのではないでしょうか。



【マンガ専門学校の講師の仕事の最新記事】
posted by かとう at 07:37| Comment(0) | マンガ専門学校の講師の仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: