2012年02月07日

エッセイ

「マンガのマンガ2」の執筆が遅々として進んでいませんが、フェーマスのインストラクターとしての仕事で、毎週30ページ前後のネームを添削サンプルとして描いています。

フェーマススクールズでの仕事と、専門学校(つくばビジネススクール専門学校)での講師業で、忙しい毎日を送っています。

フェーマスの情報ブログからの依頼で、エッセイを書かせていただきました。
小学校時代にノートに鉛筆で描いたマンガや、高校時代に初めてペン入れして完成させたマンガの一部を公開しています。
お恥ずかしい出来ですが、興味のある方はご覧下さい。


講談社フェーマススクールズ イラストコンテスト情報ブログ
ほんこまイラスト日和
アーティストのつぶやき
http://blog.livedoor.jp/kfsart/
posted by かとう at 17:07| Comment(2) | おしらせ
この記事へのコメント
かとう先生こんばんは。
エッセイ読みました。かとう先生に限らず、多くの漫画家さんが幼少期から漫画を描いたり、模写をしたりという遍歴を持つ人が多い気がしますね。やはり、若いうちからの積み重ねが大事なんでしょうね。

先生の昔の漫画も面白そうでしたね。
カットと言わず、お話をサイトにアップしてほしい気も…(笑)

マンガのマンガ2も楽しみに読ませていただいております。
こちらの方も書籍化、あるいは「マンガのマンガ」のほうに収録されて新装版として発売、みたいな予定はあるのでしょうか
Posted by 超兵器R1号 at 2012年02月20日 03:43
超兵器R1号さん

こんにちは^^。
お元気そうでなによりです。

マンガが好きで子供の頃から描いていると、マンガって描けるようになります。
回り道をしてしまう場合も多いですが、それもまた楽しく思えたりします。
昔のマンガは、今見直すとさすがに(私でも)恥ずかしいです。

「マンガのマンガ2」は今のところ書籍化の予定はありませんが、描き上がった時点で銀杏社さんに売込みができたら・・・とは考えています。

専門校での授業で、マンガを理解して描けるようになってもらうためのテキストなので、実際の講義ではプリント配布をして解説をしています。

その都度大量のコピーをするのがめんどうなので、書籍になるとコピー作業から解放されるので助かるのですが・・・^^;

Posted by かとうひろし at 2012年02月20日 06:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: