2012年11月27日

「鈴木先生」(武富健治・著)全11巻/双葉社



既に連載は終了していて単行本は完結しています。

今更なのですが、このマンガをご存知ないマンガ愛好家の方々にオススメです。
私自身、マンガを読むことが少なくなり、また読んでも面白いと面白いと思うマンガも少ないのですが、この「鈴木先生」はメチャクチャ面白かったです。

面白いと噂は聞いていたのですがナカナカ手を出せず、たまたまブックオフの105円で1巻と3巻を見つけたので購入しました。
とりあえずどんなマンガなのか試し読みのつもりでした。

あまりに新鮮で今までの読んだことのない面白さに驚きました。
続きが読みたくて、結局残り全巻は書店で定価で買い揃えました。
そんな経緯のある作品です。
ブックオフ以外で本を滅多に買うことがない私にしては驚くべき行動です。

マンガってあらゆる事が描き尽くされていて、新しいものが生まれにくいという固定観念があります。
しかし、この「鈴木先生」には今までに描かれたことがない新鮮さを感じました。
「論理マンガ」という言い方が適切かどうか分かりませんが、伝えたいメッセージを論理的にストーリーで見せるマンガです。

このマンガを読んだ時の新鮮さは、例えば初めて鳥山明のDr.スランプを見た時の「イラストとしても成立する魅力的な絵」で描かれたマンガの新鮮さ。
ここまで人の手で描けるのかと思わせられた、描き込みの凄さが伝わってくる大友克洋のマンガの新鮮さ。
それに匹敵するような新鮮さでした。

ただし、「鈴木先生」の新鮮さは画力の面ではなく、新たなジャンルとしての新鮮さです。

ただ単にストーリーを語るのではなく、作者の伝えたいメッセージがまず存在し、それを緻密なストーリーとして組み立てていき、その論理をマンガとして見せて納得させてしまう構成の面白さ・凄さです。

メッセージが前面に出てくると説教くさくなってしまい、読むのが鬱陶しくなるものですが、この「鈴木先生」に関しては、どういうテーマで論理が展開して行くのかが面白く、全く目が離せません。

人によって好き嫌いはあるので、すべての人に面白いマンガであるとは言えませんが、これを読まないまま人生を終えるには、あまりに勿体無いマンガです。

単行本第1巻は、論理の肩慣らし的なエピソードです。
殺人事件も起きず犯罪も起きないし、探偵も登場しないけれども、大変面白い推理ストーリーが展開します。
そして巻を追う毎に、論理の展開とテーマの面白さが膨れ上がって行きます。

ちなみに最終巻で私はボロボロ泣きました。

騙されたと思って読んでみてください。
読み終わって、騙されたと思った人にはゴメンナサイ(⌒-⌒; )
posted by かとう at 06:48| Comment(0) | この本が面白い